要らなくなった和服を買取に出すとき、一番気になるのは買取価格でしょう。古本やブランド品のように相場がわかれば簡単です。
ただ、和服は特殊な存在で、紬や友禅といった種類のほか、新旧、状態などでも価格が異なるので、一概に幾らと決めるわけにもいきません。また、仮に同等の着物があったとすると、サイズが大きいもの(直せるもの)の方が高くなるはずです。和服専門の査定士を置く業者さんに査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。

先日、亡くなった祖母の遺品整理をしていたところ、引き取り手のない着物がかなりありました。
処分を決め、買取業者を捜してみると連絡すれば、こちらで箱詰めしなくとも、無料で梱包する業者もとってもあるでしょうよね。
着物はどれも重いし、かさばるのでひとりでおみせに運ぶなんてありえないと泣き沿うになっていたので、実にありがたい話です。

着物の買取を考えているとき、おみせに持ち込むのと、出張査定を頼むのとではできるだけ有利に査定を進めたいなら車の買取と同じで、おみせで査定してもらった方が良いです。査定の結果に満足できなかったときに後で他のおみせに回ることもできるからです。
持ち込みは難しく、宅配か出張で査定して貰う場合、出張でも無料査定をおこない査定後に買取を断ることも可能とはっきり示しているか、確認してから依頼しましょう。

もう着ない着物を買い取って貰うことを考え、インターネットで案内している業者をいくつかあたってみましたが、思ったより使い勝手は良いようで、着物が傷まないよう、自宅まで取りに来る業者や宅配用の箱を無料で送ってくれる業者もとってもあるでしょうよね。

 

自分の場合を考えると着物の枚数は少ないので近所に専門店があることがわかったので、直接持ちこんで買取を一気に終えられるようにしたいと思います。

 

たいていの着物専門の買取業者は、着物と帯だけでなく、帯に合った帯締めや帯揚げなど小物も買い取りを行なうことが多いです。それでも、襦袢の買取は難しいと思ってちょーだい。肌着とは言えませんが、下着に分類されるため着用されたものは誰も買わないためです。しかし、全く買い取らないわけでもなく、正絹であまり古くなく未使用のもの、柄行が珍しいものなどうまく交渉すれば買い取ってくれるかも知れません。

 

他の着物や帯と共に、査定して貰いましょう。

 

着る人がいない着物を、もし高値買い取りしてもらえるなら着てくれる人に引き継ぎでき、お金も手に入って嬉しくなりますね。

新しくて傷みがなければ、高値買取のことが多いといえます。着物 買取 広島